品質重視が大切

そもそも繊細な体を持つ猫なわけですから、体が弱かったり病気を患っていたりするともなれば、一層食には気をつけなければなりません。それこそ、前述に挙げたような栄養面への工夫を盛り込んでもなお、物足りない場合すら考えられます。栄養面に加えて、品質面にもこだわるべきです。

たとえば、添加物の入っていないオーガニックフードを選ぶ方法です。添加物もまた、猫のことを考えて配合されたものですが、体が弱い場合は、それが原因でアレルギーや腹痛を起こしてしまうこともあります。そうしたケースは決して少なくないので、オーガニックフードもまた通常のペットフードと並び充実しています。猫に合ったものを探して選んでみてがいかがでしょう。

また、高たんぱくのペットフードが合わない猫もいます。お腹がゆるくなったり、そもそも好んで食べなかったりする場合などです。とはいえ、だからといってたんぱく質を避けるわけにもいきません。与え方を工夫するべきです。たとえば、食いつきが比較的良くなるウェットフードに変えてみたり、低たんぱく質のペットフードに生肉をトッピングして与えたりするといった方法です。

オーガニックやウェットフード、生肉といった素材は、いずれも一般的なドライフードよりもコストが高くなりがちです。ですが、やはり本当に猫のことを想うなら、多少のコストを度外視してでも健康に気を遣ってあげたいといったところでしょう。こうした工夫も覚えて、効率的に猫の健康維持をサポートしてあげてみてはいかがでしょう。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加